引く手あまたで売り手市場の看護師

医療分野は最大の売り手市場

現在は、少子高齢化が進んでいる影響で、医療従事者の需要が非常に高くなっています。高齢になり体の調子が悪くなる人が増えているのに対し、そういった人々を治療したりサポートしたりする若い人が減ってきているのです。そのため多くの医療機関が人手不足となっていて、積極的に人材募集をしています。

看護師求人は引く手あまた

そのため現在は、看護師にとっては非常に就職や転職をしやすい状況と言えます。引く手あまたとなっていますし、売り手市場なのです。待遇も良く、たとえば平均年収は500万円弱となっています。これは、30代の男性サラリーマンの平均年収よりもやや高めです。女性の場合、30代の平均年収が300万円弱ですから、それと比べるとかなりの差があります。
しかも民間企業では、昨今では不景気の影響で給料がダウンしたりボーナスがカットされたりすることもあります。ところが看護師の年収は、景気に左右されることなく高めの金額で安定しています。また、ボーナスも毎回支払われることがほとんどです。

夜勤などの待遇面、残業などの収入面を考慮

総合病院や大学病院など、入院設備のある医療機関で勤務する場合には、夜勤が必要になることもありますが、入院設備のない医療機関だと、夜勤はありません。診療時間が決まっているので、残業も少なめとなっています。
さらに、パート勤務をすることもできます。そのため妊娠中や子育て中には、一時的にパート勤務をしておき、出産が終わったり子育てがひと段落したりすると、常勤に戻るということもできるわけです。仮に退職をしても、時代のニーズに合った資格職ですから、再就職や転職は比較的容易です。
こういったメリットから、現在は看護師を目指す人が増えてきています。また、より良い待遇の勤務先を求めて、強気で転職をする人も多くいます。