優雅なイギリスのティータイムのように看護師転職を考えたい

看護師が転職をする時に注目すべきポイントとは?

重視するのは「働きやすさ」と「収入」

看護師が転職を考えるときには、年齢や勤続年数や家族構成になどによって仕事を選ぶ基準は様々です。
しかし働きやすさと収入という2つの側面に注目しながら、より良い看護師 求人を探すのが一般的な傾向です。

子育て派には勤務シフトが最大の問題

特に今までは月に5回程度夜勤のシフトに入って働いてきた人の場合には、日勤限定で仕事を探す傾向が強いです。
その場合にはクリニックの求人や、中規模の病院の手術室勤務の仕事を選ぶことで、定時出勤が可能な勤務条件で働けます。
そして日勤限定の勤務条件であれば、子育てとの両立も十分に可能であり、看護師の仕事を継続することが可能です。
したがって子育てによる退職を避けることで、知識と技術を保ちながら働き続けることができます。
その一方で収入を重視して仕事を探す場合には、意欲的に夜勤のシフトに入ったり、オンコールのある職場を選ぶのがポイントです。

できれば収入アップと時間の確保を両立したい

また夜勤やオンコールのある職場であっても、年間休日が多くて有給休暇の消化率の高い職場を選ぶこともできます。
したがって収入アップが実現できると同時に、ワークライフバランスの実現も可能な勤務条件で働けます。
そして転職する場合には、未経験の分野で求人情報を賢く選ぶことも重要です。
特に病院勤務やクリニック勤務の看護師の場合には、有料老人ホームや訪問介護の分野の仕事を選ぶことで、スキルアップも目指せます。
特に高齢化社会の進展という時代のトレンドに合わせて転職することで、高収入で安定した職場環境で働けます。
また人々の健康に対する意識が高まっているので、検診をメインとした医療機関の求人を選ぶのも賢い方法です。
その中でも人間ドックのコースが多い医療機関であれば、高収益で将来性のある環境で働けます。

新規メニュー